Gourmet~おもてなしの方法
ご馳走の記憶も鮮やかなものです。わずかに舌に残る鉄の香りと海の塩辛さ、よく冷えた白ワインの華やかな味わい…、何年も前のウェディングの記憶がクリアに思い出せたりします。美味しいお食事はもてなす側の心配り、「おもてなし」の心そのもの。お二人が創るドラマのいわば総仕上げに他なりません。ゲストの人数や年齢を思い浮かべたら、スタイルにも自ずとオリジナリティが生まれます。インフォーマルなピクニックスタイル、左党には嬉しいタパスディナー、あるいはデザートバーなら女子垂涎。おもてなしの方法にもリミットはないのです。